最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

台北で脱毛 TaiwanTomato公館店(2021.1.29)

スポンサーリンク

その前にちょっと聞いてほしいの

まずはわたしが長年どれだけ毛という存在に悩まされてきたのか知っていただきたい。

毛と髪


女性にとって『毛』というのは非常に厄介な存在だ。
『髪』とは違って、圧倒的ムダ感を醸し出すものそれが『毛』である。
おそらく体を守るためのなにかしらの大事な機能のひとつだと思うのだが、悲しいかなこの現代社会においてそれは完膚なきまでにムダでしかない。
同じ成分から成り立っているというのにうっかり生えた場所が違っただけで
かたや『髪』と呼ばれ丁寧に定期的にケアされ、一方は『ムダ毛』と呼ばれ毛根の奥まで壊滅状態に追いやられるのだ。
ムダ毛からしてみれば理不尽きわまりない所業である。
でも申し訳ないが、私もムダ毛の存在は許せない派だ。
女性として1本たりともその存在は許せないものなのだ。

スポンサーリンク

ムダ毛との闘い


わたしは、比較的色が白い故にムダ毛が目立つ…しかも毛深い
小さい頃から悩みのたねで、自己処理跡がいつもプツプツしていていつもデニムとかロング丈のパンツで隠してた。
タイツで隠せるから私服でスカートがはけるのは秋冬だけ。
毎日着ないといけない制服のスカートは地獄でしかなかった。
足も手もいろんなところが毛深くて、クラスの男子のほうがつるつるだったりもした。

中学の体育の時間はほんと地獄だった><
当時はまだブルマ全盛期の時代、なんであの子の足はツルツルなんだろ?って
って思いながらいつも自分の足と見比べてた。
特にふくらはぎあたりは明らかに事故処理しましたね?みたいなのが
目だってしまってなんでブルマで運動しないといけないのか意味がわからなかった。
カミソリで剃ってみたり、軽石でこすってみたりなど涙ぐましい事故処理のおかげで私の足はいつも赤く腫れそして傷だらけだった。
長年の自己処理のせいで生えてくる毛も硬く太くなってしまっていて
一日足りともカミソリでの処理を欠かせないような状態でひたすら憂鬱だった

初脱毛はレーザーだった


大学生の頃、いわゆるレーザー脱毛というものを初めてした。
当時はフラッシュ脱毛なるものがまだ世の中になく、ひたすら痛みとの闘い。
麻酔クリームを施術の2時間前に塗ると痛みはやや抑えられる。
でも膝とか皮膚が薄いところは麻酔クリームなんてもはや何の意味もなく痛みは骨までダイレクトに伝わってきた。
施術後の足は赤く腫れていたけど、きれいになりたいという思いは恐ろしい忍耐力を発揮させ、いつも不屈の根性で耐えていた。

そんなこんなが計8回ほどあり、私の足はおっそろしくつるつるになった。
目に見えて変化が分かったのは4回目からで、あれ?なんかうすくなってきたなぁって思いそこからなんか自信が出て買う服のテイストが変わっていった。
8回目の施術後には、自己処理あとに目立っていたプツプツした毛穴それらがすべてなくなっていた。
わたしの足ってこんなにキレイだったの?こんなの白かったのって感じで何分でも眺めていられるぐらい嬉しかった。(この気持ち共有できる方いるだろうか?)なんなら自分の足を眺めながら軽くビールの2本ぐらい飲めたものだ。
毛穴のない白い足はいつもすべすべでいつも自分の足をなでなでしては、これは夢じゃないと喜びをかみしていたのだ。
とはいえ私の体はまだまだムダ毛が多く、一番目立ってる部分が解決されたにすぎなかったのだ。

針脱毛考えた人誰よっっ


ってぐらい激痛だったのが針脱毛だ。
毛穴に針をぶっさして熱で毛根を焼き切るみたいな方法。
聞いただけで一生はえてこないことは想像に難くない。

その通りだ。
あれから20年近くたつが1本も生えてこないし、20年近く自己処理もしていない。
あれだけの痛みと苦痛と味わったのだ。
これで生えてきたら本当に許せないの極みだ。
これはとあるエステサロンで施術したのだが、ワキの下だけだというのに30万ぐらいかかったと思う。
施術後のワキのしたはいつも水ぶくれみたいのができていてぼこぼこしていた。

当時は脱毛っておっそろしく高いものだったのだ。
ちゃんと脱毛しようとしたら行先は二択 レーザーか針だ
エステだとなおさら高いのだ(なんでエステで脱毛したんだろう?)
当時わたしが通っていたエステサロンは、ノルマか何かがあるのかやたらといろんなものを施術中に売りつけてくるので途中で解約したい衝動に駆られたのは一度や二度ではない。
施術中は「痛すぎて考えられません」と忌憚なき意見をぶちまけ、
施術後は「急いでるんで」と言い逃げるようにサロンをあとにしていた笑
ハタチそこそこの小娘にコラーゲンドリンクなど売りつけてもその効果など分かるわけもないのにね。
そんなの飲まなくてもあの頃は、体内にありあまるほどのコラーゲンやらなんやらがあったのだ。
もはやターゲット層を大幅に読み間違えてるとしか思えなかった。
イライラが頂点に達したわたしは最後には「お金ないのでおすすめされても買えません」と堂々と言い放っていた。
ほんとに若さは凶器です。

ついにお出ましフラッシュ脱毛


私が20代後半にさしかかったときにフラッシュ脱毛なるものが登場した。
価格もこれまで体験したレーザーや針脱毛より格段に安くなっていた。
しかも痛くないのだ!こんなに痛くなくてほんとに脱毛できるの?ってぐらい苦痛がないのだ。この機械発明した天才に心からお礼を言いたい。

当時の価格、全身脱毛2年コース20万円だった。
レーザーと違ってやや時間がかかる印象ではあったが、痛くないのはありがたい
何の苦痛も痛みもなく私はついにムダ毛のないボディを手に入れたのだ
腕も背中もおなかもどこもかしこもつるつるで真冬なのにいますぐビキニに着替えてハワイへGOしたい気分だった。

そのサロンは最初から化粧品等の押し売りは致しませんと銘打っていたので安心して通えた。
痛みもないので施術時間の1時間半あまり、お姉さんと楽しくおしゃべりしてる間に施術は終わっているのだ。
夢のようだ。
技術の進化ってすばらしい。
全身脱毛だったので以前に脱毛済の箇所にも光があてられ、これでもかってくらい毛根の奥まで死滅した(ように感じた)

やっぱりまだ気になるin台北


私の体の95%ぐらいはもはやなんのムダ毛もないのだが、まだちょっと気になるのが鼻の下とVIOのVIなのだ。
もう少しちゃんとしたくて探しに探したのがこちらのサロンTaiwan Tomatoさんだ。

https://ameblo.jp/apolli-tw/

日本人女性が経営されていて、施術も日本の方がしてくださるのでとても安心。
台湾暮らしのあれこれも教えてくださり、毎回30分ぐらいの時間だけど楽しく過ごせます。
永住権についてあまり深く考えたことなかったけど、トマトさんとのおしゃべりがきっかけになり、昨年めでたく永住権を取得しました♪

もちろん施術もいい感じです。
まず、サロンで使われている脱毛の装置、先端がめっちゃキンキンに冷えるようになっていてフラッシュ脱毛あるあるの『熱い』を全く感じない。
施術後も痛みや赤みや乾燥もなくいたって順調鼻下も同じく順調である。
脱毛って一般的には毛周期に合わせて~とかで2か月に1度の施術が多いと思うけど、こちらでは2~3週間の間隔で施術を受けることができます。
高速でツルツルになれるってことですね♪
わたしの場合は、4回目の施術から目に見えて毛量が減ってきたと思う(たぶん個人差あり)

最近公館にお引越しされたばかりで、サロンもとっても広くてさらにおしゃれになりました♪看板のブルーがとてもステキ
脱毛サロン探しでお悩みの方はご参考までに



Taiwan Tomao公館店


サロンまでの道のりなどはこちらのブログに詳しく記載されています。

https://ameblo.jp/apolli-tw/entry-12648009246.html

Taiwan Tomato
台北市大安区新生南路三段60巷12號1樓
LINE @hci2793z