最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

台湾ドラマがブレイクしないのはなぜ?(2021.10.31)


10月も瞬く間に終わり、2021年も残すところあと2か月ですね。
今回は遅ればせながらどハマりしている台湾ドラマ想見你を少しからめつつ
台湾ドラマ好きの素人が素人目線で思うままに書いていきます。

※私はエンタメ業界とはこれっぽっちも関係のない業界におります。


スポンサーリンク

台湾ドラマが韓ドラの如く社会現象にならない理由


日本社会は、空前の台湾ブームである。(とお見受けする)
タピオカに始まり、パイナップルにカステラ
誠品書店は日本進出も果たし、いたるところで台湾関連イベントが開催されている。
台湾という国は、ある意味でひとつのコンテンツの如く日本社会に浸透しているというのに
エンタメ界の盛り上がりはいまいちのように感じる。
一部の台湾好きな方々にしか知られていないように感じる。
台湾映画にしても日本で上映するとなると、たいてい渋めの好みの人々があつまる劇場や
台湾関連イベントのひとつとして上映されていたりで盛り上がりとしては寂しい。
日本国民なら見たことなくても名前は知っているであろう韓ドラ『冬のソナタ』や
『梨泰院クラス』『イカゲーム』ばりの社会現象的盛り上がりがほしいところである。

ちなみに台湾ドラマというとひと昔前は、日本の漫画の実写化が多かった。
花より男子やMARSなどいわゆる少女漫画が実写化されることが多かったが
後にオリジナルの作品も数多くつくられるようになった。
わたしも何度かドラマのロケ現場に出くわしたことがある。
女優さんたち爪楊枝みたいに細かったな。

実際のところ台湾には、おもしろい台湾ドラマが放送されているし
日本でも十分人気が出るだろうなって思う作品は多数あるのだが
台湾のお友達は皆口をそろえて、日本のドラマや韓国のドラマのほうがおもしろいと言う。
本国の人々ですらこんな調子なのだから国外においてブレイクしないのは必然とも言える。
では、なにがいまいちよろしくないのか?
ド素人の分析ではこうなる

日本語タイトルがドラマの本質を表現できていない
ひたすらイケメン推し
故にタイトルが安っぽい


例えば『想見你』日本語に直訳すると『会いたい』
日本語は『時をかける愛』
タイトルだけで視聴者層を著しく狭い範囲で絞りこんでしまっている。
さしずめ女性 20代 と言ったところであろうか。
非常にもったいなく感じる。

海外のドラマや映画の日本語タイトルがどのようにして決められているのか
素人には知る由もないのだが
台湾の原題は『想見你(会いたい)』
あくまでもこみ上げる気持ちに重きを置いているの対して
日本語は『時をかける愛』とドラマ全体をゆるぅく表現してしまっている。
狂おしいぐらいにこみ上げる、やり場のない気持ちがどこにも表現されていないのだ。
ドラマを見た方なら共感してもらえるかもしれないが
『想見你』という一見シンプルなタイトルは
非常に見事に作品の本質をとらえている。

残念だけど
『時をかける愛』ではラブコメに毛の生えたぐらいの作品だと誤解されても仕方がない。
この時点で、一部の台湾エンタメ好きにしか相手にされない運命にある。
なんとなく想像力をかきたてないのだ。

あらがえない偶然や必然に翻弄され、すれ違う主人公たち、悲しくも勇気ある決断。
劇中にはられた数々の伏線と無理のない見事な回収。
非常によく考えられた構成。
それらを秀逸に表現できないと最初のつかみに失敗する。(ように感じる)
むしろ原題のままのほうが興味をひいたのではないかとさえ思っている。


さらに時をさかのぼり2011年に台湾で放送されたドラマ
原題は『我可能不會愛你』(直訳すると、たぶん君を愛しはしないだろう 的な感じ)
日本語は『イタズラな恋愛白書』
ひどいの一言につきる。
全話見た方はご理解いただけるだろう。
ドラマのどこにもイタズラな要素はない。
イタズラに恋してたのはせいぜい主人公の元カレぐらいのもんだ。
(関係ないけど主人公の元カレ役の俳優さん、びっしりリアル紋々が入っており、度肝を抜かれた)


ジャンルと設定と展開の偏り


どこの国のドラマもそんなもんだろというつっこみはさておき
台湾ドラマの設定と展開はだいたいこんな感じである。

1主人公(男性)は社長か弁護士か重役か自営業かいいとこの家の子
2主人公(女性)限りなく一般人で失業中だったりする
3ありえない状況下で出会う
4だいたい五話ぐらいまで会えば必ずケンカやこぜりあい
5ある日突然自分のきもちにきづく
6やっと思いが通じたとおもったら元カノやらでてきてひっかきまわす
7やっと付き合ったとおもったら過去の一族の因縁とか発覚する
8やっと付き合ったとおもったら主に男性側の親族が反対しだす

9親(主にママ)の圧力に屈し一旦は別れを選ぶ殿方
10その際なぜか理由は話さずいきなり突き放す
11振っておきながらやたらと号泣する殿方
12必ず勃発三角関係
13ふられたり別れるとなぜかすぐアメリカ帰るとか言い出す
14なんだかんだで最後はまるくおさまる


一事が万事こんな感じなもんで、視聴者層がせまい。
家族(主にママ)が出て来る時間が非常に長いのも特徴だと言える。
ママだけでスピンオフ作品が作れそうな勢いだ。
またジャンルも、ラブコメ+家族のドタバタのようなものが多い。
たまにシリアスな内容のドラマもあるが、大部分がこんな感じだ。
日本のように、学園もの 刑事ドラマ サスペンス系 というジャンル分けは極めて曖昧で、だいたいが恋愛+家族のドタバタを軸に、ほかの要素も入っていますのような仕上がりだが移植の作品もある。

この観点において、『想見你』は他のドラマと比べても家族の出て来るシーンが極めて少なく
上述の状況にはあてはまらない。
台湾でブレイクしたのは設定が斬新であったからだろうと思っている。
だいぶ昔のドラマになるが
『ブラック&ホワイト』は明確に刑事もののドラマで当時は結構な人気を博したと聞いている。

また、台湾には遥か昔から台湾に暮らしている民族が複数あり、彼らのことを題材にした歴史ドラマもある
今台湾で放送中の『スカロ』がそれにあたる。
1867年の台湾南部でアメリカの船が座礁し、乗組員を侵略者と間違えてしまった(そりゃそうだよね)
原住民による襲撃事件がベースとなっている。
1867年の言うと日本では徳川幕府の治政が終わり、新しい時代の幕開けと共に混乱期の真っただ中にあった時ですね。

台湾では、はるか昔から台湾で暮らしていた民族を原住民と呼んでいる。
これは差別的な呼称ではなく、先住民と呼ぶと既に存続していないという意味になってしまうので、原住民と呼んでいると聞いたことがある。(聡明な友達が言っていた)

スポンサーリンク

どのジャンルならブレイクできる?


いまあるジャンルの中で考えると
上述の内容とかなり矛盾するが、日本には今完全に空白のジャンルがあるのだ。
そこに滑り込めれば、ブレイクの可能性はある。(と勝手に思っている)

時代劇ジャンルは、大陸がすっごい予算かけて壮大なスケールで製作しているので
この分野でのブレイクは確率的にかなり低い。

ならばどのジャンルか?
橋田寿賀子大先生が得意としていたあのジャンルである。
台湾にはオール台湾語で放送されているドラマ枠があり、渡鬼も真っ青の設定が目白押しなのだ。
渡鬼など足元にも及ばぬ一族のドロドロがくりひろげられ、主人公は韓ドラですら足元にも及ばぬほどの不運と悲運を背負わされ健気に生きている。

台湾語ドラマは、日本における橋田寿賀子ロスを大いに埋められるポテンシャルを秘めていると個人的には感じている。
ラブコメに中途半端に家族なんかからめるよりも、思いっきり中心に家族のドロドロを据えている台湾語ドラマ枠がダークホース的に大躍進するのではないかと常々思っている。

オール台湾語ドラマの劇中で繰り広げられる一族の争いは、台湾あるあるだ。
ドラマほど激しくないにしてもメンツとお金でもめるのは台湾社会の常。
台湾の男性は優しくていいよねぇ♪
とうっとりしている日本ガール達にぜひ見て目を覚ましていただければ幸いだ。