ある日突然出会ったマイシェンで14キロ痩せた最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 

どうする灼熱の夏ゴルフin台湾(2022.7.4)

みなさんこんにちは。
今日はゴルフ初心者のわたしが体験した
台湾灼熱の夏ゴルフの事を書いていきます!

スポンサーリンク

何時開始でも暑い

7時に始めようが11時に始めようが暑いのです。
あえて品の無い表現をすると
そりゃもうクソ暑いです。
これが台湾夏ゴルフの結論です。

紳士のスポーツなどと言われているのに
とんでもなく過酷な環境でプレーします。

夏ゴルフ何着る?

運よく曇りならいいのですが
6月中旬には梅雨も終わり夏が到来します。
ジリジリと照りつける太陽は日本の比ではなく
日焼け対策をおこたるとお肌がえらい目にあいます。

スポンサーリンク

インナー(女性の場合)

ゴルフは上半身のひねるような動きが多いです。
女性の皆さんが普通のブラをつけてコースに出ると

「動きにくいな」とか
「ワイヤーしんどいな」 
など感じるかもしれません。

私はこちらのスポーツブラを着用しています。
スポーツ用に作られているので
上半身をひねっても、飛んでも走っても
胸が揺れることなくしっかりホールドしてくれます。

肩の部分もしっかりしています。
肩に食い込むような感覚がないので
腕と肩甲骨が非常に動かしやすいです。

写真ではわかりづらいですが
前部分中央の一部がメッシュ素材になっています。
ココ非常に大事!
熱がこもらず逃げてくれるのでムレません。

わたしはワコールのスポーツブラを愛用しています。
さすが京都が誇る企業ワコール。
細かいところもよく考えて作られています。

アームカバー

わたしは、ボレロタイプを愛用しています。
普通のアームカバーだと少し動くと下がってきたり
また二の腕が締め付けられるような感覚が苦手。

ボレロタイプは、背中でつながってるので下がってくることもないし、気になったりしないのです。


トップス

トップスはモックネックを着ています。

先日ポロシャツを着てコースに出たのですが
うっかり首もとに日焼け止めを塗り忘れ、ボタンをあけたところが日焼けしました。
(自分のせいだけど)

モックネックは、ある程度まで覆ってくれるので
うっかり日焼け止めを塗り忘れても被害は最小に食い止められます。

モックネックのウエアは、汗をかいても乾きやすい素材でできています。
サラサラしていて、水着の生地のような?素材です。

ちょっと見えづらいですが、アームカバーと合わせると写真のようになります。

足元

まわりの男性はハーフパンツが多いです。
短めのソックスのみの方もいれば、レギンスを着用している方もいます。

男性のハーフパンツにレギンスは
日本では物議をかもすこともあると聞きましたが
ここは台湾 誰も何も言いません。

ボールが飛んでいく方向が定まらない方は
レギンスを履いたほうがいいと思います。
うっかり茂みにボールが飛んで行ったときに
虫や蛇に遭遇することがあるんです。
なので素足よりは安全かなと思います。

わたしはと言いますと
レギンスは暑くてあまりお好みではないので
ハイソックス丈かニーハイ丈の靴下を履いています。

へたくそ初心者のわたしですが
なぜかボールはまっすぐ前に飛んでいくんです。
自分でもなぜまっすぐ飛ぶのかわからないんだけど…

わたしのまわりでは
男性は大きく右に曲がる人が多いように思います。
打ちっぱなしでも右に飛んでいくよね。

話を戻しまして、レギンスですが
上司(女性)は、レギンスを履いています。
主に日焼け対策で履いていると言っていましたよ。

夏の持ち物

詳しいことはこちらの記事と合わせてご覧ください。

日焼け止め

わたしと先述の上司は、この資生堂のスティックタイプの日焼け止めを猛烈に愛用しています。

この日焼け止めの素晴らしいところは
①手が汚れない
②ベタベタしない
③香りもさわやかで使いやすい
④手袋を外さずに濡れる

ゴルフって想像よりも忙しくカートに乗る時間は短い。
手袋を外して日焼け止め塗っておしぼりで手を拭き…

そんな余裕ぜんぜんないんです!!

もたもたしていると後ろの組が詰まってしまう。
手袋をしたままでさっと塗れるので
歩いているときでも塗れてとても便利です。

SOGOの資生堂で購入しました。
(復興の白色のSOGOです)


頭痛薬

体内の水分が不足すると頭が痛くなります。
こまめに水分補給をしていても、照り付ける太陽やその他諸々の要因で頭が痛くなります。
そんなとき頭痛薬を少し飲むだけでかなり違います。
先日は開始1時間で飲みました。

虫よけスプレー

ゴルフ場は大自然の中にあるので虫がいます。
蛇もいるし、ゴルフ場によっては半野生のヤギさんもいます。
(どちらも遭遇率は低めです)

蛇とヤギは逃げるしかないのですが
蚊や小黑蚊は対策をすれば防ぐことができます。
どんな銘柄でもいいのでひとつ準備しましょう。

小黑蚊は刺されやすい人とそうではない人がいます。
水ぶくれができて皮膚科のお世話になる方もいます。

痒みも腫れもひいたけど、足に黒くあとが残ってしまう場合もありますので対策はしっかりしたほうがいです。

アイスバッグ

いわゆる氷嚢ってやつですね。
ゴルフ場の対応にもよると思いますが
氷くださいと言うとたくさん入れてくれましたよ。

実際のところ炎天下ではすぐに溶けてしまうのですが
首を冷やしたりしています。
程よく氷が解けたときに
冷たい水を首に直接かけたりして暑さをしのぎます。

傘(2022.7.10追記)

雨も降っていないのに傘だと?
と思われる方もいるだろう。

ゴルフ場は、言うまでもなく屋根がない。
雨・風・太陽としのげるものがないのです。
なければ自分で作るのみ。
夏場に傘があれば影を作ることができます。

日向と日陰では20度ほど温度差が出ます。
灼熱の夏の台湾。
その効果は言わずもがなであります。
熱中症防止にもなります。

ちなみにゴルフ用の傘(通常の傘より大きい)
台湾のどのサイトをさがしても品薄です。
というかそもそも選択肢がない。
傘が必要性を誰も感じていないのだろう。

日系のデパートに行けばありますが
目が飛び出るようなお値段です。
一時帰国の際に購入するか、海外配送okのサイトで購入もよしです。

明日ゴルフだよ!と言う方は
間に合わせに台湾でよく販売されている裏が銀色の傘を購入してください。
十分に太陽から皆さんを守ってくれます。

夏ゴルフは油断禁物

台湾の夏は非常に過酷です。
そんななか4時間近く炎天下で歩き回るので
熱中症対策は必須です。

かがんだり立ったりする動作で
簡単に立ち眩みを起こします。

冷たいビール飲めば沒問題!なんて幻想
冷たいビールよりお水(ときにポカリも少し)をしっかり飲んでくださいね。