ある日突然出会ったマイシェンで14キロ痩せた最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 

Staycation マンダリンオリエンタル台北


皆さんこんにちは。
ついに憧れのホテルにステイケーションしました!

スポンサーリンク

全てがゴージャスなホテル

フロントはそんなに広くなく、少しコンパクトです。
ですが、高い天井にキラキラしたシャンデリア
白を基調としているのでとても広く感じます。
なんだか異次元です。


クラブデラックスルーム

ラウンジが利用できるプランにしました。
コロナでラウンジは解放されていませんでしたが
毎日アフタヌーンティーの時間とハッピーアワーがありました。

すごく棚ぼただったのは、チェックアウトを16時に変更してもらえたこと。

チェックアウトは通常お昼の12時なんですが
わたしの後にお客様がいなかったようで
16時までゆっくりしてくださいとのことでした。

お部屋はとても広くおちつく色使いです。
このお部屋一人でお泊りしていいですか?
って何回も思いました。
とは言え自由なお一人様ですので、広いお部屋に一人でお泊りしました。

わたしが泊まったお部屋の向いは病院でした。
夜中に何か見えちゃったりしないかなとワクワクしながらチェックしましたが、特に異変はありませんでした。

視界の隅に内湖の摩天輪が見えました。

もっと上のフロアだったり部屋の向きが違えば、景色も変わるかもしれないですね。



スポンサーリンク

女性に嬉しいサイズのバスタブ


ホテルのバスタブって女性には無駄に大きいのですが
こちらのバスタブは、ややコンパクトなので溺れる心配なしです。

ドアを開ければ客室のテレビも見えます。
バスルームの天井にスピーカーが埋め込まれていて、そこからテレビの音が聞こえます。
もちろん音量の調節も可能です。


アメニティ

アメニティは
DIPTYQUE(ディプティックと読みます)のPHILOSYKOSというラインのものです。

シャンプーやボディソープはシャワールームに固定されていました。
ボディーローションは個別包装でした。

DIPTYQUEは1961年にパリでフレグランスメゾンとして誕生したブランドで、もちろん香水が有名です。
BTSのメンバーも愛用しているそうですよ。


こちらにもありました。
以前ハイアットでお見かけしたヘチマのスポンジ
良いホテルにはあるんですね。

感激したのがソーイングセット
糸が針に通っていてました。
裾の糸がほつれてしまったりした時に、応急処置的にすぐに対応できそうなのがいいなと感じました。


朝食もゴージャス


朝食はレストランで食べます。
メニューから好きなものを選べます。
オリエンタル風とウエスタン風に分かれていて、好きなものを好きなだけ注文できます。

2日連続で食べたお粥。
舌触りがとても滑らかで、わたしの知っているお粥とは完全に別物でした。

レストランは金曜日の朝は貸し切り状態でした。
5月20日が台湾のカップルの記念日的な日のようで
土曜の朝はカップルが多かったです。

リア充に囲まれてモリモリ食べてきました。




お嬢様になれるアフタヌーンティー

ホテル1階のラウンジ青隅で、14:30~16:30までアフタヌーンティーを楽しみました。

金曜日は本当にすいていて、お客様もまばらで貸し切りに近い状態でした。

1番下のお皿には甘くないものが盛り付けられています。

少し見えにくいですが3段目のトマトのタルトが非常においしかったです。
トマトの下にバジルのムースが敷かれていて、甘い味に飽きてきた頃に一休みできます。



ステイケーションは2泊がちょうどいい


今回は、憧れのホテルに2泊もできて、心身ともにリラックスできました。

バスタブにゆっくり使って音楽を聴いたり、本を読んだり、なぜか海外の料理番組を見たり。
欧米の料理番組て基本ペティーナイフで色々切ってるし、レモンは非常に豪快にしぼりますね。

近場で非日常を味わえるステイケーション
移動距離が長くて到着する頃すでに疲れているなんてこともないので、わたしは大好きですよ。

ホテル情報

マンダリンオリエンタル台北
住所:10548台北市松山區敦化北路158號
(住所をタップすると地図が開きます)

チェックイン時間: 午後3:00
チェックアウト時間: 午後12:00

私が宿泊した日は、2泊でNTD30,000でした。