最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

マイシェン(埋線)って何?出会い編(2020.12.13)

スポンサーリンク

タピオカほんとにやばい説

台湾にいるともれなく太る
例えば日本を席巻しているタピオカミルクティー
おひざ元の台湾で買うとカップの3/1がタピオカで埋まっていて、当然カロリーも日本のそれの比なんかではない。
お砂糖の量にもよるけど最大で1杯800キロカロリーにはなるといわれている。
悲しいことに、アラフォーのからだがそんなものを消費できるわけはなくどんどん肥えていく。

ここでタピエピソードを2つご紹介したい。

4か月で苦しくなるスカート

留学生だったとき、クラスメイトに韓国の女の子がいた。
彼女はたった4か月の留学期間だったんだけど、帰国するときにはスカートが苦しいと言っていた。
それもそのはず。
タピオカミルクティーに激はまりで毎日飲んでたらもれなく太ってしまったのだ。スカートがきつくなったのをきっかけに、ジョギングしたり食事制限したりしてたけど、肝心のタピオカ断ちがなかなかできずスカートがきついまま帰国。

太りすぎで免除された兵役

台湾男子には兵役というものが課せられている。
昔々は2年だったらしいが、今は1年だったかな?
持病があったりすると兵役は免除されるのだが、もうひとつ免除になる条件がある。
痩せすぎと太りすぎだ。
知り合いの台湾男子は両親ともども兵役は無意味だみたいな考えがあったようで
当の本人も、もちろん行きたくない。
もともと体格が良かった知り合い君には秘策があったのだ。
とにかく太るのだ!何キロかわすれちゃったけど95キロだか100キロだかを超えると兵役が免除になる。
知り合い君は賭けに出た。
運命の体重測定までの2週間、取りつかれたように一心不乱に飲むタピオカミルクティーお砂糖はもちろんMAXで投入だ。
あの時期いつ会っても彼はタピオカを手にしていた笑
たぶん一生飲みたくないぐらいのタピオカミルクティーを摂取したであろう。
たしか毎日5杯ぐらい飲んでたって聞いたかな
努力(て言っていいのかな?)の甲斐あって彼の重量は無事にオーバーとなり、見事に兵役は免除された。

といわけでタピオカミルクティーはほんとにやばいのだ。
これでもかっていうぐらいのたっぷりのお砂糖で煮詰めたタピオカに、ミルクティーさらに追い砂糖攻撃でめっちゃハイカロリーついうかハイカロリーの極み。
しかも普通の牛乳じゃなくて粉末状のミルクを使用しているお店もあり。
粉末状のミルクの場合さらに良く太るらしい。
成分は違えど、赤ちゃんが粉ミルクだけであんなにすくすく育つんだからさもありなんである。

タピオカ以外にも太る要素はたくさんある。

①おいしいものがいっぱいある
②年中おいしい果物が食べ放題
③24時間オープンのお店がたくさんある
④脂っこい食べ物が多い

聞いた話だと出向でやってきた日本人男性で1年で20キロ大増量した人もいる。
とにかくおいしいからたくさん食べて太ってしまうのだ。
恐るべし台湾マジック

マッサージ通いの日々

私とて例外ではない
留学生だったときは、毎日寮のジムでハムスターのように走っていたのだが、
台湾で就職してからというもの運動する時間がめっきり減ってしまった。
残業もあるしジムへ行く気力なんてとてもない。
そもそも引っ越し先のマンションにジムがない><

ちなみに台湾のジムの会費は日本のジムとおなじぐらいかそれより高いぐらいかで、行かないとなればコストパフォーマンスは断トツで最悪だ。
毎日夜10時頃まで残業、疲れきっていて週末に遊びに行く気力もなかった。
当然ジムに行く時間も気力もない。
土日は家にこもってこころゆくまで眠っていたいし、とにかく疲れて何もしたくないのだ。
でも食欲は衰える気配を見せずむしろストレスを解消するかのようにどんどん増えていくのだ。
おいしいスイーツにフルーツにドリンクに台湾ビール…
結果当然のごとく激太りしてしまった。

二の腕や背中にはお肉がたっぷりついて、おなかはいつも出ていたし顔はいつもむくんで二重あごだった。
もう写真を撮るのもいやだしいつもうしろのほうに隠れて遠近法の効果を
最大限活用するしか手は残されていなかった。

それに、いつも肩とか肩甲骨が痛くてしんどくて何かが詰まってるような感覚があって10日に1回ペースでマッサージに通っていた。
けど効果が持続しないのだ><
2、3日後にはまた肩甲骨あたりにいやな痛みが復活する
耐え切れずにまたマッサージに行く を繰り返していた
強い力でマッサージされることに体が慣れてしまって悪循環に陥っていたのだ。

スポンサーリンク

ついに来た金言

RQ

いますぐ楽して痩せたい!
 
王老師
埋線ねこれがいちばん


マイシェン?? 
これがわたしと埋線の出会いである
マッサージの王先生はLINEでそのマイセンなるものをやっているクリニックのリンクを送ってくれた。
どっピンクなクリニックらしからぬ色遣いのHPで少々不安になったことは秘密にしておこう。
台湾ガールのブログも埋線に関する情報はそう多くはない。
大丈夫かい?これ?
せめぎ合う不安と期待。
一刻も早くこのわがままばでぃ~をなんとかすることが急務である。
誰かが言っていた

『人生を動かすのはリアクションではなくアクション

かくしてわたしはお財布をにぎりしめて地下鉄に乗ったのだ。
人生を動かくのはリアクションではなくアクションを体現したのだ。

のちにこれが勤務先で一大ブームになろうなどと知る由もなかったのだ 

まだまだ続くよマイシェンは