ある日突然出会ったマイシェンで14キロ痩せた最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 

台湾ガールは体を冷やさない(2021.3.22)

スポンサーリンク

マイシェン(埋線)は冷え厳禁


マイシェン(埋線)では体を冷やすことは御法度です。
体が冷えると、脂肪がつきやすくなる。
脂肪って冷たいものだから、もっと体が冷えて
もっと痩せなくなるという恐ろしき負のスパイラルに陥ります。

わたしはと言いますと
夏場にマイシェンした時に、めっちゃ痛かったことがありました。
その時に張先生に聞かれたのは、
エアコンの設定何度?と寝るとき何着てる? でした。

胃腸が弱いくせに暑がりなので
夏場は23度ぐらいでエアコンが稼働しています。

寝るときは、年中ロング丈のTシャツをパジャマ代わりとしています。
もちろん半袖です。(台湾にいるとき限定です)
そんな私に張先生はこう付け加えた。


張先生
今日から寝るときは長袖長ズボンで寝てね
体の冷えは病気や不妊の原因になるから




この『冷え』に対する考え方。
マイシェンがどぉのこぉのとは一切関係なく
うら若い台湾ガール達も体が冷えることを徹底的に嫌います。

夏に食べてるかき氷は何なのよ?ってつっこみはさておき
ドリンクスタンドで買う飲み物は基本氷抜きで注文する人が多い。
とっても暑い日はちょっとだけ氷入れる感じです。

かき氷と言えばすぐ想像するのがマンゴーかき氷ですよね?
台湾の皆さんも食べてる人はもちろんいます。
でも一般的に台湾のみんなが選んでるトッピングは
非常に台湾感があふれています。
カラフルかつ映えるかき氷とは色合いが違って
渋めの色合いに仕上がっています。
緑豆とか小豆とかピーナッツを煮た物とか選んでいます。
緑豆は体内にこもっている熱を逃がす作用があるので
夏はよく食べるって、同僚に教えてもらったことがあるよ。

私はと言えば、胃腸が弱いので、かき氷はあんまり食べません笑
ていうか台湾のかき氷は、サービス精神旺盛なサイズ感なので
一人じゃとても食べるとおなかの調子が急降下します。

水は常温必須


台湾のコンビニに行くと、同じ種類のお水でも2種類から選択可能です。
冷えてるか常温か。
お水と一部のお茶がそんな感じで売られている。
(オレンジジュースとかコーラとかは冷やして売られてるよ。)
つまり常温でお水飲みたい人が一定数いるのです。
実際に常温のお水ありませんか?って聞いてる人も見かけます。

会社にウォーターサーバーがあるのですが
同僚の台湾ガールたちは夏場でもお白湯を選択している。
キンキンに冷えたお水買ってくるのって日本人の駐在さんぐらいです。
台湾ガールは体内から温めることを徹底しています。

お白湯と言えば、
「体調が悪い」と言うと皆必ず、お白湯飲んでってアドバイスをくれる。
8割の病は、お白湯飲んだら解決するのかい!?って思うぐらい
台湾では老いも若きもこのフレーズをよく言う。
最初の頃こそなんで!?って思ってましたが
今となっては素直にお白湯飲んでいるし
たまに自分も「お白湯飲んで」って言ってしまいます笑

スポンサーリンク

生野菜を食べない台湾ガールもいるよ


台湾ガールは火の通っていない物を口にしない人が多い。
日本の回転ずしチェーンが進出してきて、様相は変わりつつありますが
それでも生物は口にしない人が一定数います。
その最強系ともいえるのが、生野菜を口にしない台湾ガールだ。
前に同僚と一緒にランチしたことがあるんだけど

 
同僚
サラダたべてくれない?
RQ
いいよ。野菜嫌いなの?
 
同僚
体が冷えるから食べないの


徹底してる台湾ガール。
たしかに野菜と言えば茹でたり炒めたりしていて、生ではない状態。
きゅうりとトマト以外は、基本的に火が通っている。
それも『冷え』を意識してのことなのだろうか?

余談ですが
プチトマトは野菜ではなく果物にカテゴライズされています。
品種も日本でよく見かけるのとは違って、より甘みが引き立っている
味はフルーツトマトをもうちょっとあまくした感じです。

ちょっとレトロなホテルでお茶すると
ケーキの周りにプチトマト添えて出てくることもあります。
うなぎ屋さんで出て来た果物のお皿にもプチトマトさんが鎮座していました。

お月様のときはもっと徹底してるよ


これは本当に驚いたんだけど。
お月様がきたときは
台湾ガールとしては希少な酒豪ガールも、絶対にお酒を飲まない。
生ビールとかもってのほか。
あったかいお茶をちびちびのんでいます。

なんでかって?体が冷えると生理痛がひどくなるからだ。
お月様が来ようとも、構わず生ビール飲んでる日本ガールの考えは
到底理解できない代物なんだそうだ。

理解できないと言えば
日本人がやりがちな熱が出たときにアイスを食べる行動。
「熱が出た時にアイスクリーム食べるとか信じられないんだけど!」
ってまぁまぁ真顔で言われたことがあります笑
日本の飲食店で、季節を問わず氷水が提供されるのも
さっぱり意味がわからないらしいです。



台湾ガールと日本ガール

冷えに対する対策の違いを、あえて簡潔に表現するならこんな感じだろうか

台湾ガール➡体内から温める
日本ガール➡外から温める


気候的な違いも大きいけど、台湾ガールは冬でも足元薄着な人が多い。
けっこう冷え込んでる日も生足にミニ丈スカートとか
若さがなせる業なのであろうか?

最近はあんまり見ないけど
上半身はダウン着てフル装備なのに、足元は短パンにビーサンとか。
留学生だったときはよく見かけたな。
あれは、学生限定のおしゃれなんだろうか?

日本だと、冬は本当に寒いからおのずと厚着になるし
あったかグッズもたくさん売られている。
生姜湯やらなんやら冬こそ体をあたためる何がしを摂取するけど
冬が終わればケロッと忘れている。
冷えが気になる方は、とりあえず簡単な飲み物は常温から初めてみてもいいかも。
(ビールは絶対グラスもキンキンに冷やして飲む派だけど笑)


あとこれは、人生史上最愛の人が昔教えてくれたんだけど
体の箇所で首ってつくところあるでしょ?
首、手首、足首 この3か所をあったかくするだけでも、体が冷えにくくなる。
彼の教えを20年以上も頑なに守っていて
基本くるぶし丈の靴下は、断固として穿かない主義を貫いています。