ある日突然出会ったマイシェンで14キロ痩せた最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 

Staycation グランドハイアット台北 グランド エグゼクティブ スイート(2022.7.28)

先日、グランドハイアット台北へ
staycationへ行ってまいりました。
グランド・エグゼクティブ・スイートなる
お部屋にお泊りいたしました(安定のお一人様で)
しかも今回はラウンジも使用できます。

読者の皆様の中には
このお一人様の収支はどないなってんねん!?
とお思いの方もいらっしゃると思います。

夢のないお話であれですけど
単に勤めている業界の景気が良いだけです。

コロナで一時帰国も叶いませんので
5つ星のサービスとはどのようなものかを
体験してみようと思ったのが始まりです。

5つ星とかハイブランドなどに
お値段だけで否定的な意見が出ることもあります。

そういう意見は否定はしませんが
どういう付加価値があってその価格なのか
というところにも考えを巡らせると
いろいろと見えてきたりするものです。

ホテルグループやハイブランドの歴史も
けっこう興味深いものですよ。
GUCCIの歴史はメディチ家ばりにドロドロしていたし。

ちなみに前回の様子はこちらをご覧ください。

スポンサーリンク

お部屋の様子

お部屋は
リビングとベッドルームが別になっています。
非常に広い間取りになっております。(83㎡)

入るとすぐに
胡蝶蘭がお出迎えしてくれました。

お部屋のドアの左手には大きな窓があり
プールが見えました。
子供たちが夜もプールで遊んでいました。

ハイアット台北と言えば
台北101が非常に近いところにあります。
今回も台北101が見えるお部屋にしました。

ソファに座りながら101を堪能できます。
ベッドルームからは寝ながら堪能できます。

バスルームは
バスタブの近くにテレビがありました。
ゆっくりバスタブにつかりながらテレビも見れます。

お湯をためながらでも聞こえるようになっているので、音は少し大きめでした。



カウントダウンの花火はド迫力まちがいなし

こちらのお部屋からも
カウントダウンの花火がかなりの迫力で見えると思います。

お部屋のリビングのソファーから
寝室のベッドに寝ながらと
2種類の方法で台北101を眺めることできます。

ちょっと心配なのは
台北101との距離が非常に近いので
風の向きによっては
煙がたちこめてキレイに見えないかもしれません。

12月31日以外も
お天気が良ければ非常にキレイに台北101が見えます。

わたし個人的には
夜のキラキラ感じも好きですが
夜が明ける少し前の台北101の荘厳な雰囲気が好きです。

台北101はオフィスビル部分が多く
夜明け前でも明るいフロアがいくかあります。
航空会社も入っているので、24時間体制の勤務なんだと思いますが…
どうか徹夜で残業ではありませんように。


スポンサーリンク

明け方の景色は幻想的

今回のお部屋は角部屋だったので
台北101や市政府や国父記念館なども見えました。

私は夜型なので
夜や明け方の景色のほうが好きです。


ウェルカムフルーツとワイン

ウェルカムフルーツはオレンジとリンゴでした。
ワインとクッキーは
ホテルからのプレゼントとのこと。
ワインはチリ産の赤ワインでした

赤ワインはそんなにたくさん飲めないので
いつもお世話になっている上司にお土産としてさしあげることにしました。

扉の開けるとエスプレッソマシーンが出現
毎日いろんな種類を楽しめました。


ラウンジ

17時半~19時半まではHappy Hourです。
1日目は木曜日だったのですがほぼ満席でした。
何も用事がなかれば18時までに行ったほうがいいかも。

お料理は3回ぐらい補充されていましたが
ラウンジを使用する人はそう多くはないので
遅い時間に行くとお料理がなくなっています。
クッキーとナッツ類しかないという場合もあるかも。

特にホットミールは
けっこう早い段階で売り切れになっていました。

果物やケーキも豊富なので
お子様もじゅうぶん楽しめる内容です。



お酒類は
ワイン、スパークリングワイン、ビール、ウイスキーなどがあります。
ソフトドリンクやお茶、コーヒーもあります。


運がよければ
台北101を見ながらお酒を楽しむことができます。


朝食

朝食もラウンジでいただくのだと思っていましたが
1階のレストランでとのことでした。

朝食は他のホテルとよく似た感じですので
ここでは
台湾っぽいものをご紹介します。

お食事をとりに行く際は
コロナ対策で手袋をして取りにいきます。

写真右上は、米漿という飲み物です。
簡単に言うとライスミルクです。
カフェオレのような色をしているのは、ピーナッツで味付けしているからです。

飲んだ感じは
ちょっともったりした喉ごしで、ピーナッツの香りがします。

写真中段はお粥とそのトッピング
写真下段は豆乳とそのトッピング、ビーフンです。


お土産にいかが?

ロビーの近くのカフェで
ハイアットオリジナル商品を見かけました

お値段は
1箱 NTD300 (JPY 1360)でした。
今のレートだとさらによいお値段ですね。
でもとてもおいそう。



いかがでしたでしょうか。
台湾旅行の際や、ステイケーションの際は
ぜひ候補のひとつにしてみてくださいね^^