最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

ワンピの罠 痩せるのは正義なのか?(2021.5.16)



ここ数日、台湾の特に北部では感染者が爆発的に増えています
チャイナエアラインのパイロット起因のクラスターが飛び火したわけなんだけど
パイロットやCA達は数日間の隔離期間が義務付けられていて、その後は自主管理期間となる。
今回感染したパイロットやCAの中には、自主管理期間中に遊びまわった人がいて、感染者を増やしてしまったとかなんとか。

台湾では、CAってまだまだ人気の職業だと聞いたことがある。
そのせいか私たちは特別って勘違いしちゃう人がいるって話。

台湾では、感染者の足取りは徹底的に調査されます。
虚偽報告をすると重い罰金も科せられるので、嘘はつき通せないと思ったほうがいい。
なかなか立ち寄り先を言わない人って、だいたい良からぬことをしている。
数ヶ月前に感染したエバー航空のパイロットは、不適切な関係を暴かれたくなくて調査拒否
1週間もせずにクビになってたうえに日本円で100万ちょいの罰金も課せられてた。
このパイロットも、自主管理期間中にいろんなところ遊びまわってたって速攻で暴かれてた。まぁこれは各国の法律なんかの兼ね合いもあるだろうから、どの国でも運用できるってわけじゃない。

台湾では、厄介な政治的なアレもあって
(ニュース番組のチャンネル毎にどの政党を支持しているとか明確に分かれてるらしい)
やたらと陳さん(日本の厚生大臣的な方)を批判する輩がいるけど
この陳さんは2020年から休みなく働いている。
毎日午後二時に国民の前に姿を現し、記者のレベルの低い質問にも文句ひとつ言わず真摯に答えている。
コロナで死者が出たときは、涙を流してたし、並々ならぬ思いで取り組んでらっしゃる。
と言うわけで、誰が何と言おうが、私は陳さんの言う事を守って生活することにしている。

では、ここからの当ブログはいつも通り、太ったの痩せたのってやっていきますよ。
今日はマイシェンに出会う前のお話。

スポンサーリンク

ワンピ愛用のワケ

もともと太りやすい体質ではあったが
若い頃は代謝も良く、ハムスターのように走っていたこともあり、標準体型を保っていた。

ところがですよ。
台湾で就職して、というか今の会社に転職してから恐ろしい勢いで太り始めた。
太り始めると共にわたしのクローゼットの中身は様変わりした。
ワンピばっかりやん!?ってぐらいワンピースを愛用しだすようになったのだ。
しかもくるよちゃん師匠(関西の方はご存じだろう)お好みのAラインのやつばっか。
なぜ?
ワンピはおなかのしめつけが一切なくてとっても楽なのだ。
それにおなか出てるってばれないし、いい感じにごまかせる。
努力のベクトルが完全に別の方向に行っちゃってた私は、ひたすら体のラインが出ないワンピを買い集めることとなる。

ワンピ愛用でおなかが出始めた


ワンピ愛用開始からしばらくしたとき。
セーターを買ったので、どのお洋服に合うか試してたのね。
ふと穿いたパンツ… うそ!?

閉まらないんだけど…

いやいや前は手入るぐらい余裕あったし!?って慌てる私をよそに
パンツのファスナーは中央分離帯よろしく途中から右と左にわかれていた。
二度とくっつくまいと固い決意が読み取れるほどに…

そう。
遮るものがなくなったわたしのおなかはさらに自由にのびのびと成長していた。
まぁさすがに焦ったよね。
ちょうど↓の写真のいちばん左の時期。
顔をすこしでも痩せてる風に見せたくて、髪で隠したり、涙ぐましい努力をしてた。


スポンサーリンク

隠すとだらける説


ほら。
子供のときさ、先生がちょっと職員室に忘れ物とりにいったりすると、急に教室騒がしくなるよね?
あんな感じで、おなかも誰か見てる人がいないと自由になるんじゃないかな。
痩せてからの私は、なるべくおなかが出ないように、人目にさらすようにしている。
(腹筋とかあんまりしてないけど)

↓のスカートはマイシェン開始3か月目ぐらいに買ったんだけど
あれからさらに痩せたので軽度の腰パン状態になりつつある><


痩せるのは正義なのか?

人それぞれの価値観と育ったお国柄にもよるとしか言いようがないんだけど
個人的には正義だと断言できる。
ガリガリになりたいとか、大学生の頃の体型に戻りたいとは思ってないけど
痩せて自分自身の気分があがったし、
どことなく自信がなくて強気にいけなかったところも改善したと思う。

人にどう見られているかではなく、自分がどう思うか


ありふれたフレーズだけど、本当にそう思うよ。
あくまで大事なのは自分基準。
冗談でモテ期なんて来ないとか言ってるけど、実のところそんなものはどうでもいい。
自分で自分を肯定できる要素が増えたってことが何よりも嬉しかった。

痩せることにこだわってるなんて『悪』とか『ナンセンス』 みたいな考え方の人いるでしょ?
あぁいう人達は、きっと自分基準じゃないからそう感じるのだと思う。
大部分の人は、病的ガリガリちゃんになりたいなんて思ってないのは明白でしょ?
なのに何をあんなに反発するんだろうか。

本人はきっと気づいてないだろうけど、
そういう人こそ痩せてたほうがいいっていう世間の風潮にがっつり流されちゃってるとお見受けする。
つまりは基準が『他人はどう思うか』になってる。
『こんな私は批判されるんじゃないだろうか』って恐れが心のどこかにある。
だから批判されないように、自分を守るために、仲間を増やそうとしてるんだね 無意識に。

キレイとかカワイイの基準が人それぞれ違うように、痩せているの基準も人それぞれ違って当然。
それを自分の基準に引き込もうとするのは、自分の中に何か後ろめたい物や恐れがあるから。
周りの人が痩せてキレイになると自分に不都合があるから、自分の基準に引き込もうとするのね。
(例えば、私の美しさが霞むじゃない!!とかさ そんな人いるやろか?)
『痩せる』にこだわってるあなたはカッコ悪いって認識を頑張って植え付ける。
そうすれば、自分にとって不都合な事が起こらないから。

自信がついたり、気分があがったり、自分を好きになれる要素が増えたら
それはまぎれもなく正義!