最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

埋ザップ失敗しちゃうのなんで?(2021.6.7)

数日前、日本からアストラゼネカのワクチンが届きました。
ネット上はありがとうであふれていて、私のところにも台湾のお友達からありがとうってLINEが来ました。
なのになぜか日本発信でワクチン危険だとか賛否両論吹き荒れてますね。
反対するのも疑うのも疑問を呈するのも自由だけど、ならまずワクチン以外の解決策を提案してほしいよね。
不安だけあおるのはフェアじゃないと思うんだけどな…

という事で、今日は埋ザップ こんなパターンは失敗するよについて書きますね~

スポンサーリンク

まずはご注意

まずはじめに、以下の症状にあてはまる方は、病院もマイシェンを推奨していません。
どうしてもやりたい!って方は、
中文と日本語ともにハイレベルな通訳の方と一緒に病院へ行って、お医者さんの意見を仰ぐことをおすすめします。
命にもかかわることなので、中文に自信のない方は、必ず通訳の方をつけて病院へ行ってくださいね。
生きてることが一番大事。

①免疫系統の疾患がある、または虚弱
②重度の糖尿病や心疾患がある
③ケロイド体質
④妊娠中

※出産後母乳で育児中の方: マイシェンのみ可能、漢方薬は母乳と赤ちゃんに影響が出ては良くないので服用できません。

※出産後粉ミルクで育児中の方: 基本的には産後いつからでも可能だそうです。

失敗パターン① ゴールデンタイムを無駄にしてしまう


マイシェン開始から3か月目は痩せるゴールデンタイム!

これは自身の経験からも自信をもって言えます。
↓グラフを見てもわかる通り、こんなに一気にごっそり痩せるのは開始から3か月間しかないのです。
(アラフォーでも痩せれたよ)
この時期を無駄にするかしないかで結果に雲泥の差が出てきます。


この時期に、口にしないほうがいい物や先生のアドバイスを無視したり、私イズムをごり押ししたとて痩せることは痩せますが、思ったほどの効果は出ないかもしれません。
餃子3か月ぐらい食べれなくても死にはしないでしょ?(言うて王将の焼き餃子はめっちゃおいしいけど)
本気で痩せたい変わりたいと願うなら、辛いけどこの3ヶ月だけは、ぐっとガマンです。

食べてはいけない物はあるけど、食事量を厳しく制限されるわけではないので誤解のないようにね。


スポンサーリンク

パターン②気が向いた時だけ病院へ行く


これは台湾に住んでいると仮定してお話しますね。
基本的に毎週1回病院へ行ってマイシェンしてお薬もらって帰るのですが、面倒だとか薬はあまり体に入れたくない等の理由で気が向いた時だけ病院へ行くというスタイルを採用すると、残念だけど効果は半減どころか体重は減らない可能性が高いのです。
良くて現状維持です。

マイシェンを初めて間もない頃からこういう習慣がついてしまうと、コスパ最悪です((+_+))
結果的にお財布にもやさしくないので、やめておきましょう。

パターン③ 3ヶ月で卒業してしまう


開始3か月でごっそりやせたので、満足して卒業してしまうとリバウンドする可能性が高いです。
卒業してからも自分でしっかり食事をコントロールしたり、お酒を断ったり、運動できる方はいいと思うのですが、大部分の方がそういうわけにはいかないのが現実。
仕事やらなんやらでなかなか時間がとれなかったり、気力がわかなかったりする。

開始から3か月間は、ビギナーズラック的な感じでごっそり痩せただけなので、本当の勝負はここから!
4ヶ月目以降停滞期に入ってしまう方が多く、ここを乗り越えるか否かが未来を大きく左右する。
観察の結果、リバウンドしたって言う方は、目標体重に達したから卒業!みたいな感じで、だいたい3か月かそれ以内でやめている方が多い気がする。

パターン④ 失敗した人の意見に引っ張られる


思うに失敗した人って基本的に何かやらかしている。
気が向いた時だけ病院行ったり、毎日お酒飲んだりなどなど、本人にも思い当たる節があり、やっぱり心のどこかに後ろめたい気持ちがあるのだ。

なので、やたらと漢方の悪影響とか〇〇さんはリバウンドしたなどと声高に吹聴してまわる。
失敗したのは私だけじゃないっていう事実を並べて安心したいんだと推測。
なので、実際に痩せた人を目の前にしても、あれやこれやと理由をつけて否定する。
大事なのは、体重じゃなくてBMIなどなど屁理屈のバリエーションだけは漢方薬並みにそろっている。
何を信じるかは自由だけど、そういう人の意見にひきずりこまれてしまうのはすごくもったいない。
マイシェンで痩せるって決めたのならそういう声は無視するの一択。

パターン⑤私イズムが邪魔して素直になれない


以前にダイエット成功したことある人あるあるですね。
わたしが実践してきたダイエット法では~みたいな感じで、私イズムごり押しでうがった見方をしてしまう。
食事にしても運動にしても先生の言う事を素直に聞けず、どうしても私イズムを投入したくなる。
~マイシェン私イズムを添えて~ みたいな感じ。
とりあえず、私イズムは横に置いておきましょう。
例えるならブイヤベース作るって言ってるのに、昆布でだしとるって頑張るようなもんです。

張先生(私がお世話になってる先生)が言ってたけど、私イズムごり押しの患者さんってけっこう多いので対応には慣れているらしい(さすがです!)

張先生曰く、体重は嘘をつかない。
私イズムの塊だった患者さんも目に見えて減っていく体重を目の当たりにして、自然と私イズムが鳴りを潜めると聞いています。

パターン⑥ NGの食べ物に目が行きがち


ほらやっぱりどうせ食事制限あるんだよね。
漢方と埋線だけで痩せるわけないし~て始める前から文句言うスタイル。

ゆるく長くのスタンスの張先生は、空腹を我慢しなさいとは一言も言わない。
現に小腹がすいた時に食べるといい物も教えてくれている。

この世には太りやすい食べ物や体を冷やす食べ物があって、それらをうまく避けることで痩せやすくなるって話。
太るってことは脂肪がつくってこと。
脂肪は冷たくて体を冷やしてしまい、そこに体を冷やす食べ物を摂取すると体はもっと冷えて、もっと痩せにくくなるんですね。

わたしは、いつもだいたいおなかいっぱい食べている。
漢方の効果もあって食べる量は減ったけど、いつもおなか一杯食べている。
お肉とお魚、野菜やたまごは食べていいので、空腹でたまらない!!むきぃぃ!!みたいないわゆる飢餓状態にはならないので安心してくださいね。

パターン⑦お酒がやめられない


毎日の晩酌が習慣になっている方には非常に辛い事と思います。
わたしもマイシェンを始めるまでは晩酌が習慣に(ていうか晩酌の範囲を超えてた)なっていたので
なんとなく寂しいような、なんか足りないようなって感じはよくわかる。
でもせめて最初の3か月はやめてみたほうがいい。

この時点でしのごの言ってる方はまだ余裕あるとお見受けします。
本気でどうにかしたいとか、毎週4000元払ってるんだから元とらないとだったり、もう痩せないとあとがないの!などのっぴきならない事情を抱えたらビールなんて一瞬で捨てられるよって話。

まずは試してみては?


女子という生き物のサガなのであろうか?
何事も聞いておきながら文句言う人けっこう多いよね笑
みんな痩せたって言ってるのに、私だけ失敗したらどうしようっていう不安がそうさせてるんだろうと思って、特に言い返しはしない。

痩せたいし、興味あるって事だったらとりあえず四の五の言わずに極秘裏にやってみたらどうかな?
(ご注意に当てはまる人はやめておいてくださいね)

人生を変えるのは、リアクションではなくアクションだよって浅田さんも言ってるしね。