最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

台北駅近MAGIC7で裾上げ(2021.4.9)

コロナ禍でおいそれと日本へ帰れない今、いろんなことを台湾国内で解決しないといけないですよね。
わたしは、一時帰国の時に裾上げなど服のお直しに出してたんですけど、そういうわけにもいかなくなって台北でお直ししてみることにしました。

※この記事はお引越し前のブログで書いたものを、書き直してみました。

スポンサーリンク

お直し屋さん中文で何て言うの?

このブログを読んでくださっている読者さんの皆さんが台北にお住まいとは限らないので、まずは、google mapでの検索方法をご紹介しますね^^
数少ない読者の皆さんいつも読んでくださってありがとう。

中文で下記のように入力してみてください。
皆さんのお住まいの付近にお直し屋さんがあれば必ずヒットします

xiū gǎi yī fú
修改衣服

中文で何て頼めばいい?例文付き


お直し屋さんの検索に成功したら次なる関門は中文。
なんて頼めばいいんだよって話ですね。
台湾に来たばかりの頃は豆乳一つ買うのもめっちゃ緊張したし、
なにせ話せる中文が“你好” “謝謝” “魯肉飯” の3つだけだったので、毎日魯肉飯を食していて、今となっては食べ飽きてあんまり口にしたくない笑

でもいつの間にかすこしずつ話せるようになって食べれるものも増えていった。
言語とは勇気です。はい。
中文に自信がない方も勇気を出して話してみてくださいね。
少し話せるだけで、おやつもらったこともあるよ。
では今日もテキトー中文いってみましょう。

ズボンの裾を5センチ裾上げしてください

qǐng bāng wǒ kù guǎn gǎi duǎn wǔ gōng fēn
請 幫 我 褲管 改 短 5  公 分

請幫我改短5公分 でも通じますよ^^


似たような感じでもう1つ別の表現

ズボンを5センチ裾上げしたいのですが
wǒ  kù    zǐ   xiǎng gǎi duǎn wǔ gōng fēn
我 褲 子   想  改 短   5  公  分


実際にズボンをはいた状態で長さを見てもらいたいときは

長さを測ってください。

qǐng bāng wǒ liáng  yī xià
請  幫  我  量  一下

くるぶしなどをさわりながら

長さはこのへんがいいです

wǒ yào cháng dù  dà   gài zhè biān
我 要  長  度 大 概 這 邊

スポンサーリンク

台北駅近くのお直し屋さん

わたしがいつもお世話になってるのは、台北駅のコスモスホテルの横にある
MAGIC7というお直し屋さん。
このお直し屋さんの推しポイントはこちら

①めっちゃ仕上がりが速い(最速30分で完成)
②仕上がりがキレイ
③立地がいいので行きやすい
④お値段が良心的価格 裾上げは100元


林口三井アウトレットで一目ぼれしたフレアパンツ
残念なことにちょっと長い
裾が地面に触れるとなんか清潔感なく見える気がしてちょっと気になる

ということで、3センチ裾上げしてもらいました。
裾上げ後の写真がこちら


町のお直し屋さんだと、10日ぐらい待つこともあるんだけど、ここもお店はめっちゃ速い。
お店には常に3人から5人のマダムがいらして、もくもくと裾上げやらなんやらに励んでいる。
先日林口のアウトレットで買ったパンツも1日で仕上がりました。
昨年初めて裾上げをお願いしたときは、お願いした30分後に完成したよって電話が来ました。

例えばの話だけど、デニムが大好きで、ステッチひとつも大事にしてるしこだわってる!と言う方は一時帰国の時に日本でお直しすることをおすすめします。
特に強いこだわりがなく、ふつうに裾上げができればいいよって方は、台湾でお直ししてみるのもありだと思う。
わたしは、裾上げしかしてもらった事ないんだけど、ダウンジャケットのお直し等もされているみたいです。

わたしがお世話になっているMAGIC7さんは、台北駅からも近く、お天気が悪い日でも足元がきにならず、すぐたどり着けます。

ご注意(気になる方は参考に)


お店のマダム(全員ではないですが)預かった服をぐちゃっと袋に詰め込むマダムがいらっしゃいます。
お洋服大好きでそういうの耐えられない!!って方は違うお店を探したほうがいいかもですね。
日本のリフォームのお店では絶対お客さんの目の前でしないようなことが普通に発生します。
しかしここは台湾 外国です。
『なんでも丁寧にしっかりと!』 の日本式のサービスと同じ質を求めるのは非常に困難です。
日系のお店ならあり得るかもですが、台湾資本のお店に求めるのは残念ですがパワーの無駄遣いです。
自分と大事なお洋服を守るのは自分ですってことを忘れないでね。

もうひとつ。
出来上がったお洋服を置く棚があるのですが、そこがいっぱいだと地べたに置かれている場合があります。
なので紙袋に入れて渡すのではなく、念のために
①ビニール袋にお洋服を入れて ②さらに紙袋にいれて ③お店の方に渡す
が安全だと思います。

万が一、床にコーヒーでもこぼれていて、紙袋にしみて真っ白なお洋服にシミができても
弁償してもらえる確率は低いです。(たぶんね)
お渡しする前に、一緒にシミのついていない事を確認する
なんなら写真や動画も残しておくぐらいの用心深さは持っていてもいいかもですね。
これはこのお店だけじゃなくてどこのお店でも同じです。


お店はこちら

https://m7.business.site/