最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

自分を大事にすると世界が変わるって話(2021.5.29)

今日も暑いですね~台湾は朝からいいお天気で洗濯物がよく乾いて助かってます。
我が家は東向きなので、朝から太陽がんがんてりつけるんで我が家のエアコンは朝から23度で稼働中。
今日は、いつもの痩せたの太ったのとは趣を変えて『自分を大事にする』ってどうするの?っていうのを書いてみますね(^o^)丿

今日の記事はこんな方におすすめ
①いつもどこか自信が持てない
②いつもモヤモヤしている
③いつも恋がうなくいかない
④音信不通やらなんやら相手に振り回されている


スポンサーリンク

潜在ってほんま?

先日、you tubeを見てたらこんな動画があったのね。
潜在意識を変えていくみたいなやつ。
潜在意識って自分でも気づかない事でしょ?どうやって変えるのさって話。
もう冒頭からつっこみまくりたくて仕方がなかったわけなんだけど、まぁこらえて聞いてみることにした。

その人はこんなことを言っていた。
『自分は変わる 成功してるって姿を想像して信じたらその通りになる』と
潜在意識っていうかなんていうか…
たぶんその人の言いたかったことは、そういう風に思っていたら、次は行動がついてくるようになるよって根底から変わるよって事だと思うわけ。(そうであってほしい)
とにかく今叶えたいことが叶ってる姿を強くイメージしてって言うのね。
無理だわ…それは話飛びすぎよと思う次第です。

でも、その潜在意識とやらに興味が出ちゃったわたしは、ほかの動画も見てみた。
だいたいみんな同じこと言うのね。
言わんとしてることはわかるんだけど、何か1ステップいや2ステップばかり足りてない気がする。

わたしは、ゆりかさんに何度かカウンセリングしてもらっただけで、心の事を専門的に学んだりしたことはない。
なのでやり方が正しいかどうかはわかんないけど、カウンセリングしてもらった事をベースに、わかりやすく恋愛になぞらえて紐解いていこうと思う。

嘆きのゆり子(仮名)登場

ゆり子(仮名)の恋はいつもどんより。
出だしはいつも快調なのに数か月もたつと暗雲が立ち込める。
『好き』とは言ってくれない殿方とモヤるゆり子。
LINEも肝心なことは既読スルー、何週間もモヤモヤしながら待つ殿方のLINE やっと来たLINEはスタンプ1個
もっと私を見てよぉぉ!!ゆり子の嘆きは止まらない。
意中の殿方はゆりこの存在などなかったかのように、新しい子と仲良くしてる。
どうして私じゃないの?
どうしていつも選ばれないの?
誰も私の事好きになってくれないの?
絶望と同時に殿方への激しい怒りがこみ上げる。

世間一般的に、普段怒らない人が怒るとめっちゃこわいでしょ?
ゆり子タイプの人は、ガマンが鬱積したぶん大爆発を起こす人が少なくない。
(こんなクズ男さんとは未来永劫関わる気はないって思うなら大爆発してすっきりするのもありだと思うけど)

スポンサーリンク

仕事はできるオンナゆり子

ゆり子は仕事ではそこそこやり手だ。
ゆり子も自分の考えをはっきり主張しているし、おかしいと思ったことはそのままにしない
バカにされたと思ったら何年かかろうともきっちりやり返す。
だからこそ同僚はゆり子に一目置いているし、ゆり子の話にも耳を傾ける
まちがってもいゆり子に失礼な態度をとるものはいない。

かたやプライベートのゆり子は、仕事の時とは真反対。
異変を察知していても、ぞんざいに扱われていると思っていてもいつも気づかないふり。
愛情を示してくれない殿方の心をいつもさぐりさぐり。
そこに自分なんてものは何も存在していないのだ。
だから殿方はゆり子をぞんざいに扱い続ける。
だってゆり子こそ自分を無視している張本人なのだから。
本人がそんな調子なら他人だって同じようにゆり子を扱うにきまっている。

自分こそいちばんに


自分のことはおいといて、かいがいしく相手に尽くし合わせる女子が幸せになれないのは、この世の常。
ていうか万葉の時代から存在する音信不通問題と共にそこは変わってない。
恋がうなくいかないとか、相手に振り回される女子は、

良く言えば他人想い
悪く言えば、自分ないがしろ


ガマンのオンナゆり子も漏れなくそのタイプだ。
幼少期からガマンを積み重ね、ガマンするのが当たり前、ていうかガマンって何?それ食べれるの?ってレベル
だから殿方からぞんざいな扱いを受けても「今の私に対する扱いはなに?」って言えない。
なんか心がチクチクしながらも気のせいだよね、私の勘違いだよねってやり過ごしていく。
殿方が贈ってくれたケチくさいプレゼントや、彼がかけてくれた言葉を状況証拠のように並べては
『彼はわたしのこと好きなのかな?』と悩んでは夜な夜な友達に電話したり、足しげく占いに通ってみたりする。

この行動こそ、自信を無くし心から笑えない毎日を作り出している。
ゆり子がモヤるのは、ゆり子が心のいちばんいい場所に住まわせている対象が『殿方』だから。
自分の家のいちばん陽当たりが良くて広い部屋をよくわからん居候に譲るようなもんだ。
ゆり子の心に住むべきは、殿方でなくちっちゃいゆり子なのだ。
全ての意識が、わかるはずもない殿方に向かって全集中状態。
本来ゆり子の心の中心にどかっと住むべきちっちゃいゆり子のスペースがゼロなのだ。

ゆり子の心がチクチクしていたのは、ちっちゃいゆり子の訴えを無視したからなのだ。
それは違う!!っ泣いて叫ぶちっちゃいゆり子の訴えを『はいはいあとで聞くからね~』ってあと回しにしたの。
例えばの話、将来自分の子供ができて泣いて叫んでたら心配になるよね?
絶対に抱きしめて、どうしたの?って聞いてあげるよね?
ゆり子の心の中ではそれができてないってこと。
現実世界であてはめて考えてみたら、ゆり子はたいそう冷たくやばい奴。
ていうか育児放棄だと思われるレベル
自分自身をそういう風に扱っているんだから、周りの人も当然そのうようにあなたを扱う。

自分を大事にするプロセス

ちっちゃい自分を心の中心に置く

さっきからちっちゃいゆり子と連呼してきたけど、自分のミニチュア版を心の中心に置くのがいちばんやりやすいんじゃいないかと思っている。
良く喋る、喜怒哀楽が分かりやすいミニチュア版の自分。
(まちがってもちっちゃいおっさんとか置いてはいけません!置くべきは、自身のミニチュア版です。)

心に問いかけるとか言われても問いかける対象がいないとなんだか虚無感に襲われる。
そういうトレーニングを積んでいない素人からしたら、宗教じみてきて怖くおもったりさえする。
だから自分のミニチュア版をとりあえずおいてみましょう。

常に自分とちっちゃい自分が対話しているイメージね。
そうすると自然と心の中心には、意中の殿方ではなく『自分』がいることになる。
ちっちゃい自分は、自分本体とは違い、ぞんざいな扱いをされると癇癪を起すし常に何か話しかけ、訴えかけてくる。
モヤモヤしていることも全肯定して聞いてあげる。
それを続けていくと、気持ちはいつの間には切り替えれている。
自分を許せないなら、なぜ許せないのかちっちゃい自分と会を重ねていく。
そうするうちに、自分を責める気持ちってゆっくり昇華されていき、気づけば相手も許せていたりする。
時間はかかるだろうけど自然とそうなっているものって話。

というわけで、育児放棄まがいの事をしている場合じゃないんですね。

小さなガマンをなくしてみる


例えば、コンビニにアイス買いに行ったとき本当はハーゲンダッツの抹茶味が食べたいのに
ちょっと高いな…モ〇王にしよう ってガマンしてしまう。
これも立派なガマンね。
よほどの事がない限り、ハーゲンダッツ買ったぐらいで破産しないので買ってみよう。

それとか、今日は休みだしお寺でもいきたいなぁ
でも、まだ仕事が残ってるし、それに今日は外あついし、雨も降ったらいやだし…やっぱりやめとこう
これも立派なガマンになる。
行きたければ行けばいいんだよ。
一見いろんな理由をつけて諦めたかのようにみえるけど、自分で自分にガマンさせたって話。
いち社員がお寺行ったぐらいで、会社の運営が止まることはないんだから行くべき。
むしろそれぐらいで機能不全に陥るような会社に原因がある。

※とはいえ、今世間は絶賛自粛中です。
自分を大事にするという大義名分の上に、常識はずれな行動はしないようにね。
(居酒屋で朝まで飲み散らかすとか)


いきなり殿方に異議申し立てをするのは確かに勇気がいること。
まずは知らない間に自分にさせている小さなガマンからなくしてみるといいかも

自分を大事にできるとこんなことが


自分に対する扱いが変わると、周囲の自分に対する扱いも変わる。
そうすると見える世界も変わるし潜在意識というものも書き換えられていく。

自分と会話を重ねていくと、いつの間にか自分自身への扱いが変わる。
理不尽なガマンはしないし、自分をぞんざいに扱う人間からは躊躇なく離れる。
意味もなくひきずることも、執着することもなくなる。
まぁ自然の摂理だね。

人間の感情っていうのは幾重にも重なっていて、しっかりと自分に目を向けないと、何が本当の気持ちなんか自分ですらわからなくなってしまうもの。
自分を大切にできていないなぁって時は、自分の本心を見ようしていないときが多いのだとか。

これは、心の事とはちょっと関係ないんだけど、現実問題としてある程度の預金は確保しておいたほうがいい。
人生の方向性が変わったときに、すぐに行動を起こせるような軍資金の確保ってことね。
例えば、外国へ行くとか、帰国するとか、何か勉強を始めるなどなど
ラフスタイルそのものを変える必要があるとき、お金は頼もしい味方になるって話。

結論

まずは、自分の心の中にちっちゃい自分を住まわせる。
ちっちゃい自分の声を無視せず、違和感や怒りなどあらゆる感情をキャッチする。
小さなガマンをやめてみる。
ちっちゃい自分にガマンさせない。(ガマンさせたら本末転倒)
自分を大事にできれば、潜在意識とやらは自然に書き換えられていく