最強雨オンナがお届けする台湾生活あれこれ 2020年12月はてなブログからこちらにお引越ししました

お手洗いのタンク掃除したら叫んだ(2021.7.25)


皆さんいかがお過ごしですか?
お掃除ネタを何度かブログに書いていますが、病的な潔癖症ってわけではないのでご心配なさらず。
ハウスダストやらのアレルギーがあるので、ホコリとかダニとかカビにはちょっと気を付けてます。
今日は、お手洗いのタンクを掃除してみたってお話ですよ~

※お掃除中のお手洗いの写真がありますので、お食事前やお食事中の方は別の記事から読んでいただくことをおすすめします。

スポンサーリンク

こまめに掃除してるのになんで?


まだ私が子供だった頃、おばあちゃんはよく私にこう言った。
『水回りはちゃんと掃除しないと家全体がどんよりする』
わたしのおばあちゃんは風水とかそういったものに詳しくはないけど、それっぽく表現するのなら良くない気が充満するってことが言いたかったんだと思う。

今台湾で一人暮らしをしているのですが、部屋はきったねぇ状態のときも水周りだけは絶対に掃除している。
キッチンやバスルームはめっちゃ清潔なのに、部屋はきったねぇみたいな感じで、バランスが大崩壊してる日々もありますが、そこは多めにみていただきたい。
几帳面なんだかそうじゃないんだかよくわからん性格ですね笑

リモートワークが始まり、居心地の良さが仕事のパフォーマンスに直結するってわけで段階的に断捨離を決行、現在の我が家はおっそろしく居心地の良い空間に様変わりしました。
リモートワークに感謝です。


で、水回りなんですが
もちろんお手洗いもこまめに掃除しているのですが、便器のいわゆるさぼったリングができる速さが尋常じゃない我が家。
なんでだろうか??
これって流れて来る水がきったねぇのでは?って疑いを持ったのが最初。

我が家は築10年以下であるとは思うのだが、これまでの住人の皆さんが掃除していたとは考えにくい。
ていうか皆無の可能性が非常に高い。
単純に考えて、約10年のタンクの汚れを含んだ水が毎回流れ出ているのだ。
めっちゃきったないやんか(;゚Д゚)
これは由々しき事態。

そこからインスタのお掃除系の投稿を検索しまくり、タンクの汚れ問題問題にたどり着いたわけです。
でもこのときは、タンクの汚れ以外の理由の気づいてなかったのだ。

年中無休で多湿な環境


最近のおしゃれなお家はタンクが見えないようになってる家も多いと思うけど、うちはそんなことありませんって方はぜひ蓋開けて覗いてみてくださいね。

お手洗いのタンクっていうのは年中水が張られていて、しかも蓋されているから真っ暗。
つまりいつも暗くて湿度が高い状態で、カビが生えやすい条件がそろっているということになる。
どんなに除湿器を稼働させても、ここの環境だけはどうにも改善できないのだ。

実際タンクの蓋をあけてみたところ、蓋の内側には水滴がたくさんあって、いかに多湿な状況が保たれているかということをしかと理解しました。はい。

タンクに入れるだけの薬剤も売っていますが、使い続けるとこれもまたゴムパッキンをいためてしまうらしい。
ここは意を決してお掃除していきたいと思います。

スポンサーリンク

用意するものはこれ!

タンクのお掃除必要なものはこちら

①ゴム手袋(使い捨てのものがあれば尚良し)
②歯ブラシ
③お風呂用洗剤
④重曹
⑤途中で逃げ出さない気持ち(これ大事)


カビにはカビキラーでしょ?って話なんだけどカビキラーは使わないように!
タンクの中のゴムパッキンをいためてしまいます。
お風呂洗い洗剤(マジックリン的なやつ)と重曹があればけっこうきれいになります。

止水栓は閉めましょう

タンクの近くに水の止水栓があります。
これはかならず閉めましょうね。
じゃないとタンクのお水があふれる可能性があります。

いよいよお掃除です

蓋をあけてみたところ、タンクの底に茶色い水垢のようなものがこびりついていた。
こころなしかタンクにたまってる水も濁ってみえる。
とりあえずタンク内の水を減らしてお掃除しやすいようにします。
歯ブラシでこすってみたところ、水垢が浮遊しだす。
叫びたい気持ちをぐっとこらえてお掃除です。

こする場所によって浮遊するものの色が変わる。
茶色かったり黒かったりと水垢なのかカビなのかわかんないものが浮遊していた。

浮遊する水垢を流すためにシャワーで水を入れ続けてお水を流し続けること10分あまり
すると黒いものがとばっと出て来た。
何度かこの動作を繰り返し、タンク内はまぁまぁきれいな状態になりました。
でも頑固な汚れは普通の洗剤や重曹ではキレイにならなくて、100点ってわけにはいかないな。

で、この黒いのカビじゃなかった説があるんですね

変な音がする!?

タンクがすっきりしたのもつかの間。
次の日からお手洗から怪しげな音が(;゚Д゚)
お手洗いを流すたびにゴォォォって音がする。

ってことで、お水まわりの修理屋さんに来ていただきました。
そこで知らされた衝撃的な事実

修理屋さん
このマンション安い部品使ってるから
しょっちゅう取りかえにくるんです
掃除のせいじゃないですよ
真っ黒な浮遊物は傷んだゴムパッキンだった
可能性が高いですね
RQ
(出た!台湾あるある安いが正義)
 


まぁまぁお高い値段で売り出されているマンションなのに、やっすい部品使ってコストダウンしてたのね。
結局、短期間で取りかえないといけないっていう本末転倒パターン。
これも台湾あるあるで、ありとあらゆる場面で出くわします。

異様な速さで出現していたさぼったリング
あれは少しづつ崩れだしていたゴムパッキンがお水を流すときに流れ出てた可能性があるのだとか。
お水の止水栓と給水管も劣化していたのでごっそり変えてもらいました。
修理屋さん曰く止水栓に使われているのは本当に安物らしく、そんなこんなでマンションの住人にしょちゅう修理依頼を受けては交換しているのだとか。

そんなわけで新しい部品に取り換えてもらい。
我が家のお手洗いは清潔かつ安全に使えるようになりました。

修理屋さん曰く、お水の質やお安い素材を選びがち等の理由で、ゴムパッキンの寿命が短いのだとか
皆さんのお住まいはいかがですか?